大分 筋湯温泉 五つの貸切風呂 旅館 ふるさと

周辺のみどころ

九重森林公園スキー場
九重森林公園スキー場
標高1.330mの大パノラマ。上級者からファミリーまで楽しめるゲレンデです。大分県内でも比較的雪の多い地域で、乾燥したパウダースノーが楽しめる。人工降雪機も備わりコンディションは常に万全です。スキー・スノボ用品のレンタル割引あります
http://www.kujyuski.co.jp/
九重“夢”大吊り橋
九重“夢”大吊り橋
ふるさとから約10km、車で約20分。
長さ390m、高さ173m、幅1.5mを誇る日本一の人道大吊り橋。橋の上からは「日本の滝百選」に選ばれた震動の滝をはじめ、九酔渓、鳴子川渓谷の雄大な景色が満喫できます。新緑や紅葉などの九重の四季を感じることができる人気スポットです。
http://www.yumeooturihashi.com/
九酔渓
九酔渓
ふるさとから約10km、車で約20分。
玖珠川流域の両岸約2キロにわたって断崖絶壁が直立にそそり立つ「九酔渓」。ヘアピンカーブの連続するこの渓谷は、別名「十三曲がり」と呼ばれる新緑と紅葉の名所です。モミやツガ、カツラなどの原生林は四季折々に様々な姿を見せてくれます。
http://www.town.kokonoe.oita.jp/index.php?contentid=259
小松地獄
小松地獄
ふるさとから約800m、車で約2分。
地表からもうもうとたち昇る噴煙。熱泥が不気味な造形を見せ、しかもその場所が転々とするが安全な散歩道が完備です。
八丁原地熱発電所
八丁原地熱発電所
ふるさとから約1.5km、車で約5分。
八丁原発電所は、わが国最大の地熱発電所で昭和52年6月に1号機が、平成2年6月には、2号機が完成しました。九州では、大岳発電所(出力12,500kW、昭和42年8月完成)についで2番目、全国では5番目に完成しました。発電所の運転や計器の監視は、約2キロメートルはなれた大岳発電所から行っています。
http://www.kyuden.co.jp/life_pavilion_hachobaru_index.html
参照:http://www.kyuden.co.jp/effort_geothermal_t_hattyoubaru.html
城島後楽園遊園地
城島後楽園遊園地
ふるさとから車で約1時間。
城島高原パーク(きじまこうげんパーク)は、大分県別府市の城島高原にある遊園地.1992年に日本で初めて導入された木製コースターの「ジュピター」が有名。イベントも目白押しで開催していて、みんなで楽しめるテーマパークです。
http://www.kijimakogen-park.jp/
くじゅう花公園
くじゅう花公園
ふるさとから車で約30分。
面積約20ha、標高800mにある花の公園。広い園内にはチューリップやラベンダー、コスモスなど季節に応じて様々な花が植えられ、日本百名山に数えられる久住山を借景とする美しい自然が満喫できる。また、久住山の反対側には阿蘇五岳を見晴らし、時には雲海も見られるなど日本離れした景色がすばらしい。夏は涼しい高原の空気が日ごろの疲れを癒してくれると共に、子供向けのイベントも充実している。毎年、春から秋にかけて営業し、冬季(11月~3月上旬)は休業。
http://www.hanakoen.com/
長者原ビジターセンター
長者原ビジターセンター
ふるさとから約6km、車で約10分。
長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園くじゅう山群が望める絶好の場所に位置し、くじゅうの自然などの様子を、わかりやすく展示をしている施設です。当センターの裏手には、ラムサール条約登録湿地のタデ原湿原が広がり、木道が設置されています。四季折々の自然を肌で感じながら、木道を散策することができます。※ラムサール条約とは?水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約のこと
http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
八鹿酒造
八鹿酒造
ふるさとから車で約35分。
ふるさとのある筋湯温泉と同じ町内にある酒造場。九州九重の恵まれた気候風土、そして水と空気の素晴らしさに惚れ、この土地の大いなる恵みにふさわしい酒造りを行っている。事前御予約にて酒蔵見学可能。
http://www.yatsushika.com/
▲PAGE TOP